19
10. 2011

iOS6に速攻でアップデートするべきか?

ios6

先日投稿した予想通り、NFCが搭載されずに残念でならない日々を過ごしています。

iPhone5はiPhone4Sのローンが1年分の残っているので一応スルーするつもりですが、今日、ダウンロード可能になるiOS6がかなり気になります。

今回のアップデートはiOS5の時のように「Siri」のようなキラーアプリや機能はそれほどありませんし、新OS発表時には毎年恒例の不具合が今回も出そうです。
iPhone4Sも電波はフルなのに電話のみ受けられない不具合にも遭遇しまいした。今でもたま~に電話を受けられないことがあります。

また、iOS6から、GoogleMapの置き換えとして、アップル純正の地図が搭載されるようですが機能は限定的のようですし、Googleに比べれば地図の運用は安定していないように感じます。

iOSの場合アップデートしたしまうと、ダウングレードすることが相当面倒なこともあるため速攻でアップデートするかは、GoogleMapを多く使用している方はここらへんのことをきちんと考慮してアップデートしたほうが良さそうです。現在、ネットに出ている情報をいろいろと調べてみると、キラーアプリこそないものの、基本中の基本のアプリ達(電話、メール、Safari、Siri)がより使いやすく洗練され使い勝手が向上しているようで、これはこれで歓迎できそうです。

僕自身それほど、GoogleMapなどのアプリはそれほど使用しないので、不具合覚悟で速攻でアップデートしようと考えています。アップデートに備え、MacにiPhoneのバックアップはとっておいたので後はアップデートが告知されるまで待つだけです。現在、0:20ですが、まだアップルのサイトは「まもなく登場」となっているので大方の予想通り、午前2:00前後に告知されそうです。

このまま、待ってようか迷っています……..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2011 DigitalWalkers. All Rights Reserved.