22
07. 2011

MacBookAir登場!

MacBookAir

大方の予想通り、Mac os Lionとともに新型MacBookAirが昨日登場しました。ほとんどのAppleのニュースサイトなどで掲載されていたとおりCore i5かCore i7、バックライトキーボード、Thunderboltが搭載され一世代前のMacBookAirに比べて処理性能が約2.5倍に向上したようです。

しかも価格は据え置きどころか全モデル若干低価格になっています。3Gモデルや、オールブラックモデルがないことは、残念ですが、今回のアップデートはMacBookAirをMac os Lionへの最適化といった印象ではないでしょうか。もともと、HDを搭載せず、SSDを標準で搭載しているMacBookAirは起動が一世代前のモデルでもとにかく高速だったのでCore i5かCore i7を搭載している新型は相当起動が早そうです。また、SSD搭載とうことで容量的にはかなり少なめですが、時代は「クラウド」一直線ということもあり、一番容量の少ない64GBモデルでも普通の使い方であればほとんど問題なさそうですね。MacBookAirはこの秋登場のiCloudと合わせて使用して一番効果が発揮できるMacのような気もします。

個人的には金欠ですぐには購入できなそうですが、仮に購入するとなったら、2GBのメモリではちょっと心配なこともある為、13インチの110,800円が一番いいかなと妄想しています。11インチだとモニターが小さすぎることと、64GBの一番低価格モデルだとメモリが2GBでAppleStoreで増設すると94,040円になってしまうため、モニターも大きくて13インチの110,800円が一番お買い得かなと思います。これなら標準で4GBのメモリが搭載されていて当分使えそうですし、価格コムなどで最安のショップなどではしばらくすれば100,000円切ると思いますので。

それにしても、今回のアップデートもデスクトップより断然モバイルの方に力が入っている感じですね。いったいいつになったら、MacProはアップデートされるのでしょうか。仕事で使用するのでMacProをずーと待っているのですが、そのお金がiPad2に使い今度はMacBookAirに使ってしまいそうでますますAppleに染められそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2011 DigitalWalkers. All Rights Reserved.