01
09. 2011

Appleの社員がまたやっちゃった?

ber

アメリカの大手IT系ニュースサイト「CNET」が報じたところによると、またしてもアップルの社員がサンフランシスコにある「Cava22」というバーで、現在はまだ発表さえされていないiPhoneを紛失したことが関係者によって明かされたそうです。

このような新製品の紛失はiPhone4の時もありました。iPhone4の時は5000ドルであるメディアへと売り渡された経緯があり、今回もまたかと言った感じです。

もともと、アップルの秘密主義は他のメーカーなどとは比べものにならないほど厳密らしいのに、iPhone関係だけで2回目です。アップルにとってもiPhoneは一番の稼ぎ頭になるほどの製品ですし、話題性の為の茶番のような気がしてなりませんね。仮に茶番でなければ結構アホな社員が多いのでしょうか? 普通の企業であれば怒られる程度では恐らく済まないでしょう。この置き忘れたiPhoneはサンフランシスコ警察とAppleの捜査担当者によって持っていると特定された、人物はその夜「Cava22」というバーにいた事は認めたもののiPhone自体はその人物の家にはなかったようです。

警察まで出動する自体に発展した今回の置き忘れ事件、それだけiPhoneが話題性があるということでしょうね。しかし、アップルもこれだけ騒ぎが大きくなることぐらいわかるはずなので、新製品の社外への持ち出しを禁止にすればいいと思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2011 DigitalWalkers. All Rights Reserved.