05
10. 2011

新型はiPhone5ではなくiPhone4Sだった!!

iphone4s

5日に発表された、新しいiPhoneはiPhone5ではなく「iPhone4S」でした。壊れかけのiPhone3Gを今でも使っている僕としては少し残念でした。しかしネット上の様々な予想通り、CPUはiPad2と同じ「A5」、8メガピクセルカメラとほぼ予想通りの仕様でサプライズ的な機能でもある音声アシスト機能は新たに搭載されるものの日本語に非対応らしいです。

個人的にはネット上でiPhone5と噂されていたデザインはあまり好みではなかったため、少し残念なもののマイナーチェンジで中身はより良くなっているようなのでまーしょうがないといったところです。発売直前の大きく噂されていたKDDIからも発売されるようでここらへんは、選択肢が増えたのでいいんではないでしょうか。プランなど価格競争もありそうなので。ソフトバンク、KDDIの両者から詳細なプランの発表は7日ということなのでどちらのキャリアにするかはとりあえず待ちといったところです。

個人的にはテザリングがかなり気になるところですが、KDDIに乗り換えれば通信が高速になるかは直ぐにはわからないかもしれません。通信についてネットで調べてみるとスマートフォンはガラケーに比べ平均10倍〜20倍のパケットを使用するようです。ここで少し気になったのがソフトバンクは確かに繋がりづらいことが多いキャリアですが、KDDIに比べiPhoneのおかげでスマートフォンの普及率が圧倒的に高いようです。ということはKDDIがiPhoneを発売し、スマートフォンの普及率が上がれば、現在のソフトバンク同様繋がりづらいことになる可能性があるような気がします。まーこればっかりは発売されて、ある程度普及しないとわからないでしょうね。

今回の新しいiPhoneがiPhone5でなかったことについては、スペックとデザインなどをみれば今までのアップルからすれば当然といったところではないでしょうか。あまりに期待されるデバイスなため期待も高かったのでしょう。今回も見送られぜひ次のiPhoneに搭載して欲しい機能としては、Googleが先行している「Google Wallet」のような決済サービスと「赤外線通信」、「LTE」などです。これらの機能が搭載されデザイン新しくなればiPhone5にふさわしいのではないでしょうか。

それにしても、テザリングが気になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2011 DigitalWalkers. All Rights Reserved.