13
11. 2011

パイオニアのSC-LX85が凄い!?

sc-lx85

7、8年ぶりにAVアンプをデノン製のものからパイオニアのSC-LX85に入れ替えてみてその音に正直ビックリしてしまいました。

SC-LX85の購入のきっかけは、古いAVアンプを使用していたこともあり最新のサラウンドなどに対応していなかったため、ブルーレイなどを視聴する際に最新のサラウンドを聞くことができなかったためです。
正直、以前のAVアンプと価格帯もそれほど変わらなかったこともあり、サラウンド以外の音質には期待はしていませんでした。しかし、全ての設定を済ましてエージング前の音を聞いて正直ビックリしました。

とにかく余計な色付けがなく、ボリュームを上げても疲れない心地良い音と情報量が豊富で且つハイスピードな音質に驚かされました。

以前のAVアンプではプリアウトを使ってフロントのみ、SC-LX85と同様の価格帯のパワーアンプを使用していたこともあったためSC-LX85を正直なめていました。今まで使用していたパワーアンプではどうやら力不足らしく、パワーアンプは外し、SC-LX85を7.4chで使用するのがうちの環境では一番好みの音とういことになり現在エージング中です。

また、SC-LX85は合計9chのアンプを内蔵していることもあり、うちの環境では7chだったためもったいないので、フロントはバイアンプにしています。バイアンプについては賛否両論ですが、個人的には高域と低域にそれぞれ一番好みのケーブルを使用できるところが気に入っています。SC-LX85で一番驚いたのが低域に遅れがでないことです。
視聴する音楽がテクノやロックがほとんどなので、今まで使っていたAVアンプではどうしても、低域が遅れがちでしたが「フェイズコントロールプラス」のおかげかほとんど遅れることなく耳に心地良い音楽が入ってきます。

その他とにかく機能が豊富で、「Advanced MCACC」による設定はとにかくらくちんですしアップルの「AirPlay」も便利でアップルTVの出番が少なくなっています。また、リモコンはいまいち操作がしずらいのですが、iPhoneとiPadのアプリのできがよくWiFiで操作可能なのでこちらを主に使用しています。

エージングが済んだらSC-LX85の音質をさらにアップさせるために、新たなパワーアンプを嫁に内緒で導入しようとひそかに企みつつへそくりをためて高性能なNasを導入して最近はやりのFlacファイルで音楽Lifeを満喫したいですね。

この音質とこの機能で、定価330,000円は一昔前に比べればたいぶ安くなったものです。しばらくの間はSC-LX85でいろいろ遊べそうです!!

コメントは受け付けていません。

Copyright © 2011 DigitalWalkers. All Rights Reserved.